夏への扉~フェルディナントに~
fuminoske.exblog.jp

987Boxster Sから991Carrera4に乗り継ぎ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
> mokumokuti..
by fuminoske at 14:49
こんばんは、随分小さかっ..
by mokumokutibita at 22:33
白カメレオンさん、おめで..
by fuminoske at 08:32
明けましておめでとうござ..
by siro-chameleon at 23:05
宙也さん、こんばんは! ..
by fuminoske at 19:27
鍵コメさま、コメントあり..
by fuminoske at 08:16
おやっ、宙也さんもapp..
by fuminoske at 18:32
shiro-chamel..
by fuminoske at 18:31
こんにちは。 iP..
by siro-chameleon at 12:42
宙也さん、こんばんは。 ..
by fuminoske at 20:03
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
憎っきCat's Eye!
今日、ドライブに行こうと思い始業前点検をしました。

すると、右の前輪のサイドウォールが妙にふくらんでいるじゃないですか!!
b0071543_12253378.jpg

b0071543_12255174.jpg

よくよく思い出してみると1週間ほど前にキャッツアイを踏んだことぐらいしか思い当たることがありません。60kmくらいではじっこを踏んだのですが、変な衝撃があったようなおぼえがあります。空気圧をチェックすると、2.0barで左右差はありませんので一安心です。
幸いホイールにも傷はありませんでした。

ドライブ先をPCに変更してみてもらいましたが、「はずしてみないとわからないが、多分タイヤ交換したほうが良い」との診断でした(´;ω;`)

16000km、5部山以上残っていますので、20000kmくらいで変えようかニャ~、なんて目論んでいましたので、この機会に4輪全部換えようかと思います(´・ω・`)

皆様も、キャッツアイにはくれぐれも・・・


*mippleさんのご指摘により少し調べてみました!
b0071543_985650.jpg

*ブリヂストン(株)の「タイヤの使用と管理」から引用。
カーカスという部分がタイヤの骨格に当たり、放射状(ラジアル)や斜め方向(バイアス)にスチール繊維や化学繊維が走っており、タイヤの構造を支え、荷重や衝撃に耐えるようになっているようです。サイドウォール部のカーカスが裂けて、ゴムがふくらんでいるようですので、交換しかなさそうです。
[PR]
by fuminoske | 2007-04-29 12:25 | boxster | Trackback | Comments(28)
独車と仏車・・・ドイツ式馬術とフランス式馬術
オーストラリア出張のとき、あいた時間に司馬遼太郎の「坂の上の雲」を久しぶりに読みました。その中で面白い記述がありいろいろと考えましたので記事にしてみました。

主人公の一人である秋山好古(日露戦争でロシアの無敵騎馬軍を破った陸軍軍人)が、フランス留学中に、当時の日本陸軍がそれまでのフランス式の軍様式からドイツ式の軍様式に変遷している最中で、「用兵にはドイツ式が良いが、乗馬術自体はフランス式のほうが優れているため、フランス式馬術を残すべきだ」、と言う提言を当時の陸軍大臣にする場面があります。その中で好古が、

『ドイツ式は、形式や姿勢を重んじる馬術であり長時間乗っていると非常に疲れるため実戦には不向きである。
フランス式は、乗っているときの安楽度を優先するため、格式ばっておらず疲労が少なく実戦向きである。』

と言った内容のことを言っていました。
これを読んで、ん!?、現代のドイツ車とフランス車にも通づるニャ~、と思いました。

あくまで個人的で偏屈な印象なのですが、ドイツ車はスーツで乗っているのが似合う車が多く、フランス車はラフな普段着が似合うような気がします。
そういった意味でも、スーツでボクスター、幌オープンで助手席には革のかばん、が一番かっこいいと思っています(笑)
b0071543_1735759.jpg

[PR]
by fuminoske | 2007-04-20 21:34 | boxster | Trackback(2) | Comments(24)
プチつー・・・
先日引越しに伴い、東海地区ポルシェ仲間の歓迎会を催していただきました。
しんじさん、なおし君、ありがとうございました。

二次会で、なおし君と「日曜早朝ツーリングに行こう」ということになりました。お互い家族が寝ている間に帰ってくれば家族から不満が出ないだろう、という涙ぐましいツーリングです(笑)
b0071543_11553527.jpg

b0071543_11555562.jpg

やはり、早朝のすいている時間のワインディングはサイコーです!
無事、家族の寝ているうちに帰り着きました(笑)

ところでなおし君のRS、猫の遊び場になっているようで、
フロントボンネットに乗ったけど、「あれっ、暖かくないニャ~」
b0071543_11582086.jpg

ということで、「よいしょ・・・」
b0071543_11592969.jpg

「この車はRRだから、後ろが暖かいんニャ~」
b0071543_1201744.jpg

また行きましょうね!
参加ご希望の方、車種は問いませんのでどうぞ・・・
[PR]
by fuminoske | 2007-04-15 12:02 | touring | Trackback | Comments(14)
フランク・ロイド・ライトのライト
ぼくの父は大工(二級建築士)、兄が建築士(一応一級)と言うこともあり、昔から大工仕事が大好きで、本棚やテーブルなんかを自作して使ってました。いまだに高校のころに作った本棚は現役で使っています(笑)
b0071543_1404084.jpg

そんなこともあり、明治村に行くと、古き良き日本の建築物に触れることができるので、住民票(年間パスポート)まで作って良く行っていました。
数ある建築物の中で最もお気に入りは、「旧帝国ホテル」です。
ライトが設計したホテルのうち、玄関とロビー部分が犬山市の明治村に保存されています。ボランティアーのおじさんの案内によると、関東大震災のときも帝国ホテルだけはびくともしなかったとのことです。ただし、大谷石を使った外壁のため雨水による自然劣化が起きてしまうため、改築せざるを得なかったとのことです。

ご存知の方も多いと思いますが、ライトの設計の基調には、「機能美」があります。
機能と、幾何学的なデザインが融合し、100年近くたった今も古めかしさを感じさせないどころか、逆に近未来的な印象さえ持ってしまいます。

明治村の中の他の建物とは全く融合していないところが驚異に値すると思っています。

ピッツバーグにある世界で最も優雅な個人宅と言われている「カウフマン邸」は、死ぬまでに訪れたい場所リストに入っています。
b0071543_13562631.jpg

そんな中で7年ほど前にマンションを購入するときに、インテリアのワンポイントとして選んだのが「フロアスタンド:タリアセン2」です。山際電気がレプリカを販売していますが、かなりのお値段でした(涙)
でも、なかなかいいですよね~(自己満足)

あと、横浜の元町に「スターライトグリル」というスタージュエリーがやっている洋食屋さんがありますが、ここはライトの電飾と食器、ライト風の内装でデザインされたお店なのですが、いい雰囲気でした。知らずにいったのですが、ライトがたくさんあるというだけで、一気にお気に入りになってしまいました(笑)
[PR]
by fuminoske | 2007-04-06 17:31 | others | Trackback(2) | Comments(26)