夏への扉~フェルディナントに~
fuminoske.exblog.jp

987Boxster Sから991Carrera4に乗り継ぎ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
> mokumokuti..
by fuminoske at 14:49
こんばんは、随分小さかっ..
by mokumokutibita at 22:33
白カメレオンさん、おめで..
by fuminoske at 08:32
明けましておめでとうござ..
by siro-chameleon at 23:05
宙也さん、こんばんは! ..
by fuminoske at 19:27
鍵コメさま、コメントあり..
by fuminoske at 08:16
おやっ、宙也さんもapp..
by fuminoske at 18:32
shiro-chamel..
by fuminoske at 18:31
こんにちは。 iP..
by siro-chameleon at 12:42
宙也さん、こんばんは。 ..
by fuminoske at 20:03
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:other cars( 29 )
Abarth 124 spider試乗してきました
Abarth 124 spiderのMT試乗車が来たと、数週間前に連絡があったのですが、なかなか行けず、今日やっと試乗してきました。

b0071543_16194071.jpg

FIATとは言え、広島の工場で生産されているため、ウインカーレバーは右側にあります。
走り出してみて・・・1年前に試乗したロードスターと比べると明らかにトルクが有ることがわかります。
Record Monza製の4本出しのマフラーが付いていたので、勇ましい排気音が楽しめるのかと思いきや、意外と静かで拍子抜けでした。

b0071543_16194116.jpg

Aペダルベタ踏みすると、6500のレブリミットにすぐあたってしまい、もう少し回ってほしいところでシフトアップが必要になるのが残念でした。

ブレンボのブレーキですので期待しましたが、カレラ4と比べると、効きはもう一つです。

全体的には、運転していて楽しいクルマだと感じました。
ロードスターの試乗車もMTだったのですが、期待ハズレで、全く欲しい気持ちにはなりませんでしたが、124は、ちょっと興味を惹かれました。

車体価格388万、乗り出し約500万、と考えると、中古のボクスター買ったほうがいいのかな。というのが結論です。

ただ、帰りにカレラ4を運転して、こっちの方が10倍位楽しい!と再認識した試乗でした。
b0071543_16194070.jpg

[PR]
by fuminoske | 2016-12-03 16:19 | other cars | Trackback | Comments(2)
理想の車とは・・・その2
new NSXの注文受付が始まりました。
b0071543_16132521.jpg
デザイン的には、惹かれますし、ハイブリッドAWDをはじめとする様々な新技術で、素晴らしい車に仕上がっているようです・・・

が、欲しいと思えません。
最大の理由は、「MTの設定がない」ことです。
最近のスポーツカーは、ATのみが殆どで、MTが選べるほうが希少です。
LF-Aしかり、MTがあれば、お金はなんとか工面してでも、購入したい気持ちになるのですが、MTでなければ、最初のうちは楽しくても、すぐに飽きてしまい、乗らなくなることが目に見えています。

やはり、車に求める最大のことは、速さではなく、両手両足を使って運転する楽しさなんだということが、30年車に乗ってきてたどり着いた結論です。

理想の車とは、ニュルブルクリンク北コースでプロドライバーが運転するツーペダルMTでそこそこのタイムを出しながらも、ぼくのようなヘボいドライバーが3ペダルMTで街なかを低速で走っても楽しさを感じられる車!です!!


ところで、旧NSXにはもちろんMTがありましたが、これもあまり欲しいと感じたことがありませんでした。
最大の理由は、カッコ悪い、からです。(NSXファンには怒られちゃいますが、あくまで私見ですので軽く流して下さい)
当時としては、先進的なデザインで、カッこよさげでしたが、デビュー当時もかっこ良いとは思えませんでした。
その理由は、リアオーバーハングが長くて間延びしていること、その一点です!
b0071543_16132992.jpg
バブル最盛期に開発されたので、リアトランクにゴルフバッグを積むためだけにリアオーバーハングが伸ばされたそうです。しかもご丁寧にゴルフバッグ2つ!!車高を低く見せるためにルーフをブラックアウトしたことも、更にバランスを悪くしちゃってます。

ぼくのイメージする、横置きミッドシップスポーツカーの代表は、ランボルギーニ・ミウラですが、
b0071543_16291835.jpg
この流麗なスタイリングと比べると、NSXのバランスの悪さがよくわかります。
屋根を黒くしたり、ABピラーを黒くする小細工は全く必要無いかっこよさです!
なぜ、当時20年前に作られたお手本よりかっこ悪くしか造れないのか、更には、50年前に作られた車よりかっこいい車を今だに世界中の自動車メーカーが作れないのか、理解できません・・・
ガンディーニに比肩するカーデザイナーがこの50年、出ていない事の証明でもありますが。

しかしながらゴルフバッグを積むためだけに、おえらいさんにデザインをめちゃくちゃにされたホンダのデザイナーは、やりきれなかったんだろうと推察します。「あんなもの飾りです。お偉いさんにはわからんのですよ」とでも言うしかありません。

ジャイロ効果から得られる安定性に関しては、縦置きがベスト、更にはレシプロより縦置きロータリーエンジンが最強です。
そんな意味では、new RX-7実現を期待しています。

ところで、今度のNSXにはゴルフバッグ2つ積めるんだろうか・・・
別にひとつも積めなくてもいいと思うけど・・・

[PR]
by fuminoske | 2016-09-06 19:10 | other cars
理想の車・・・その1
理想の家庭・・・

日本人の妻を娶い、イギリス人の執事、中国人のコックを雇い、そしてフランス人の愛人を囲って、アメリカの家に住む。なんて言われます。

最近発表された、FIAT 124 spider、日本には上級版のAbarth 124 spiderのみが導入予定だそうです。

b0071543_21474883.jpg


マツダのロードスターをベースに、FIATのエンジンでパワーアップ、ビルシュタインで足回りを固めます。60年前のFIAT124をオマージュしたデザインは、マツダロードスターより魅惑的です。

しかも、日本で売られるアバルト124は、広島の工場で生産されるとのこと。




第二次世界大戦で敗戦した、日独伊の3カ国は、軍需産業が徹底的に破壊され、そこで働いていた有能な技術者が自動車産業に流れました。そのおかげで、自動車先進国であった米英をあっさり抜き去り、それぞれの国が独自の魅力ある車を作り現在に至っています。


現代での理想の車は・・・ドイツ人が設計開発し、イタリア人がデザインし、日本人が組み立てる。なんだと思います。

そんな車はありませんが、今回のアバルトは、理想に近い車のように感じています。

b0071543_2148060.jpg


新ロードスターを試乗した時には、もっさりして、あまり楽しくなかったのですが、アバルト124はちょっと期待しています。
[PR]
by fuminoske | 2016-09-01 00:47 | other cars | Trackback | Comments(2)
ジュリエッタのインプレッションなど・・・
現行ジュリエッタは、生産開始後5年、熟成されそろそろマイナーチェンジの予定です。
sportivaという、マイチェン前のオプション満載のベースグレードです。
1368ccターボDSG、170馬力、トルク23.5Nmですので、NAであれば2350cc程度のエンジンです。
b0071543_9435228.jpg


主なオプションは、アルミサイドミラー、サイドスポイラー、
b0071543_9402816.jpg


18インチホイールに、ブレンボ製ブレーキ
b0071543_9433277.jpg

オシャレな革シートにシートヒーター、パドルシフト、
b0071543_9432135.jpg


アルミペダル
b0071543_943814.jpg


オートエアコン、パークアシスト、
b0071543_9423660.jpg


などなど・・・

で、今朝、いつものワインディングをジュリエッタで走ってみました。
最初の印象通り、足回りがかたく、カレラの足回りをスポーツモードにした時よりも固い感じです。路面の凸凹を敏感に感じます。
しかし、コーナリング時のロールが少なく、山道を走るのはとてもキビキビと楽しく走れます。

ボルボでは、山道を飛ばそうとすら思いませんが、ジュリエッタは、攻める気にさせてくれます。

DSGとターボエンジンの相性もよく、ダイナミックモードでパドルシフトを使いながら攻めていたら、学習してくれて、コーナー手前のブレーキでシフトダウンし、コーナー中は低いギアを維持してくれるようになりました。

b0071543_9402867.jpg


全体的には見た目がかわいい割に、走ると結構楽しい、いい車でした。
ただ、後席入り口は微妙にRが付いており、身長180cmの息子が乗り込む時には頭がつかえます。
あとは、イタリア車にありがちな、突拍子もないトラブルが出ないことを祈りますw
[PR]
by fuminoske | 2016-06-12 09:45 | other cars | Trackback | Comments(2)
Giulietta納車!
本日、奥様のジュリエッタが無事納車されました!

b0071543_19181811.jpg


納車後、本日開店のPC静岡・沼津ポルシェ中古車センターまで慣らし運転に行ってきました。
初めて運転した印象は・・・

「俺のカレラ4より足回りが固い」です!
ジュリエッタは18インチ40扁平、カレラ4は20インチ30&35扁平、ですが、圧倒的にカレラ4の方が乗り心地がいい。
嫌いではありませんが。

奥様には内緒です。
[PR]
by fuminoske | 2016-06-11 19:19 | other cars | Trackback | Comments(0)
おぎやはぎの愛車遍歴にならって・・・
最近、BS日テレの「おぎやはぎの愛車遍歴」楽しく見ています。

他人の愛車遍歴って、とっても面白いです。
で、自分の愛車遍歴をたどってみました。

18歳 (1984年)・・・日産 ジャパンスカイライン(銀)・・・実家の車を勝手に借り出し。父親はハコスカ、ケンメリ、ジャパンとスカイラインを乗り継いでいました。
b0071543_2037232.jpg

19歳(1985年)・・・ホンダプレリュードXS(赤)・・・初めて買った車。この頃は第二期F1ブームで、ホンダエンジンがF1で活躍しており、シティー、CR-X、レジェンドなど、ホンダの名車が数多くあった時期です。セナも活躍していました。
b0071543_20372044.jpg

25歳(1990年)・・・ユーノス・ロードスター(銀)・・・働き出して初めて買った車です。初代ロードスターですが、営業のおじさんに、「先生、先生」と言われ、舞い上がって即買いした車でしたw
b0071543_20414729.jpg

30歳(1995年)・・・BMW318is(紺)・・・当時、徳大寺さんの一押しの車でした。当時、神楽坂に住んでいたので、東京医大の近くにあったBMW西新宿?で買いました。
b0071543_2038617.jpg

35歳(2000年)・・・ホンダS2000(黒)・・・ホンダ50周年、2000年を記念したS2000です。未だにmy best carです。リミッターを外すとふえわキロは出る実力の持ち主でした。峠を走っても、東名を走っても、街中を走っても、どこでも楽しい車でした。この頃は、白金台に住んでいましたが、駐車場が月2万5千円だったのを覚えています。ラ・ボエム白金台の隣の駐車場だったんですが、外苑西通りの路駐が激しくて車を出せなかったり、逆に帰ってくると路駐の車で駐車場に入れなかったりと、苦労が多かったのを思い出しましたw
C1グルグルしたり、銀座にミレニアムに行ったりしていました。
b0071543_20382217.jpg

b0071543_20383559.jpg

40歳(2005年)・・・メルセデス・CLK240(紺)・・・フミノスケが大きくなり、落ち着こうと思って買ってしまった初ベンツです。ベンツの安全思想を感じる車でした。
b0071543_2053220.jpg

42歳(2006年)・・・ポルシェ・ボクスターS(白)・・・CLKに乗っているのがつらくなり、MT、ツーシーター、オープンにもどっちゃいましたwここから6年以上乗っていますが、いい車です。
b0071543_20575441.jpg


思い返すと、結構じっくりと吟味して車選びをする方なんですが、ハズレはCLKだけでした。っていうか、CLKだけがオートマだったので、オートマの車に耐えられなかった、という見方も正しいです。CLKがMTだったら、楽しかったかも知れませんw
共通するのは、自分で買った車は全てツードアです。
しかし全て違うメーカーで、一度足りとも同じ車種、同じメーカーに乗ったことがありませんw
あっ、ホンダは2台ありました(爆)
あとは、オープンとクーペが交互になっていることでしょうか。
この法則に従うと、次はクーペ、MT、ツードア、これまでに乗ったことがないメーカーです・・・

ぼくにとって、車とは・・・「恋人以上奥さん未満」としておきます!

ところで、思い返すと警察のご厄介になったのは、ロードスターに乗っていた時が最後で、20年間無事故無違反です。
1994年にゴールド免許制度が始まってから、ずっとゴールドを維持しています。
[PR]
by fuminoske | 2012-09-06 20:39 | other cars | Trackback | Comments(4)
サーキットの狼、池沢さとしミュージアム?
先日、東京モーターショーに行った時に立ち寄ったヴィーナスフォートで、「池沢早人師ミュージアム」なる催しが開催されていましたw

スーパーカー消しゴム世代の僕は、全て空んじる事ができる車たちが展示されていましたww

まずは、風吹裕矢のロータス・ヨーロッパ
b0071543_19313677.jpg

運転席に座って、記念撮影してましたw

次は、早瀬佐近の73carrera RS
b0071543_193915.jpg

お釈迦にして、930ターボに乗り換えるんですけどねw

お次は、飛鳥ミノルのランボルギーニ・ミウラ!
b0071543_19395590.jpg

改めて見ると、ミウラは横置きMR

その次は、浜の黒豹の、ランボルギーニ・カウンタック!
b0071543_1941242.jpg

カウンタックは縦置きMRです!
この時代、駆動形式を横から縦にすること、一から作り変えることは、相当な事だと思います。

最後は、隼人ピーターソンのトヨタ2000GT
b0071543_19421632.jpg


個人的には、2000GTが一番かっこよかったです。
日本人の贔屓目ですがw
この時代に、伊・独のスーパーカーと比肩できるカッコイイ車を作っていたことに誇りを感じます。
1960年代の韓国や中国には車を作る技術すらありませんでしたから・・・
子供の頃は、こういうスーパーカーをカメラにおさめるために血眼になって頑張っていたことを思い出しました。

ただ、東京モーターショーで最新のポルシェ911を見てきた後で感じたことは・・・
こういうクラッシックカーにノスタルジーは感じるものの、所有してみたいとは思いませんでした。
むしろ、最新のスーパーカーを所有したい気持ちのほうが大きいです。
[PR]
by fuminoske | 2011-12-07 19:50 | other cars | Trackback | Comments(2)
VOLVO V60の性能・・・世界一安全な車?!
じつは、奥さんのメルセデスベンツC180ワゴン、7年目の車検を通さずに乗り換えました。
奥さんの車なので、奥さんの好みでの買い替えで、僕の趣味は一切入っていません(笑)

乗り換え候補としては、「マイチェン後のC-class wagon」、「new VOLVO V60/S60」に絞られていました。
結局決め手となったのは、「ぶつからない車」、Human safetyがボルボには搭載されていることでした。
b0071543_1842121.jpg

V60が2週間ほど前に納車となりました。
色は、少し緑がかったメタリックホワイト、CMなんかでもこの色がよく登場しているので、イメージカラーみたいです。

運転した印象としては、とってもしっかりとした車で、剛性感はCクラス以上です。ドアを閉めた時の音もがっちりしてるし、運転していてもとってもいい感じです。

特筆すべきは、Human safetyの賢さです。
フロントガラスの中央についているカメラと、フロントグリル内のレーザーサイトからの情報を処理し、周囲の車や、歩行者を認識しているようです。
b0071543_1842387.jpg

時速30km/h以下なら、飛び出してきた自転車や歩行者、前者の急ブレーキにもしっかりと対応し、衝突することはないそうです。
なかなか、この機能を試す機会はありませんが、クルーズコントロールを使うと、その賢さに感動します。昔の一定速度を保つだけのクルーズコントロールでも、勝手にアクセルペダルが動くことに感動したものですが、この車は、前車を認識し、設定した車間距離を保つことはもちろん、前車が止まるとこちらも停止するし、動き出すと走り出します。ABペダルの完全制御がおこなわれています。
b0071543_17221641.jpg




渋滞の時も、ABペダルの操作を全くしなくても運転が可能です。

先日、この車で家族ドライブに「セイウチライン」に走りに行った時も、東名クルーズはもちろん、伊豆の渋滞も自動運転がこなしてくれました。

あと、両側のドアミラーの下にもカメラが付いていて、運転席の死角となる両斜め後方の車やバイクがいると車内のドアミラーの裏側が赤く光って教えてくれます。
b0071543_17234925.jpg


国産車では、スバルレガシーのiSightも同様の機能を持っていますが、日本車の悲しい性として、クルーズコントロールの設定は100kmまで?というのが、使えません・・・
その点、ボルボでは200km以上までの設定も可能です(ほんとに出るかどうかは分かりませんがw)

僕的には、いい車だと感心していますし、交通事故を起こさない車、という、非常に優れた新装備以上に、車としての基本的性能がしっかりと作りこまれた車と感じています・・・
が、奥さんはこの微妙な色が気に入らないみたいです・・・
b0071543_1850496.jpg


ところで先週末、ボクスターが完治して帰ってきました!
エンジンが新調されて、快調です!セルモーターも変わったみたいで、始動時のセルの音が変わりました。
また、ナラシから始めなければ・・・・
b0071543_17243984.jpg

[PR]
by fuminoske | 2011-09-27 18:50 | other cars | Trackback | Comments(6)
VOLVO V60&S60試乗・・・
奥さんが乗っている、メルセデスCクラスワゴン、今年の秋で7年目の車検を迎えます。
これといって特に不自由もなく、ヤレもなく、快適ではありますが、そろそろ買い換えるか、もう一回車検を通すか、悩んでいました。

先日、シュテルンにマイチェン後のC classの商談に行ってきました。

車としては正常進化しており、とってもいい車でしたが、営業が全くだめでした・・・
この3年で、担当の営業マンが退社のために2回変わり、先日行った時に対応した営業マンは、売る車の事を把握できておらず、あまりベンツに興味がないボクよりもnew C-classの事を知りませんでした。

車は良かったのですが、販売会社の体制として信用、誠意といったものが全く感じられなかったため、買うならヤナセにしようかな〜、なんて思っていました。

b0071543_21583380.jpg

もともと妻は、C-classの前はV40に乗っていたのですが、5年乗ってヘニャヘニャになってしまったため、ボルボはもういいよ、と言っていました。
しかし最近見たCGTVで、new VOLVO V60が、高評価を得ていたこともあり、奥さんにも勧めては見ましたが、やはり好感触は得られていませんでした・・・が、「デスパレートな妻たち」でセレブな奥様が赤いXC60に乗っているのを見た妻が、「ボルボもいいかな〜」なんて言い出しました。


そこで今日、試乗に行ってきました!
b0071543_20162152.jpg

基本情報として、ボルボV60、S60 の売りは、スバルのiShightと同様の、歩行者認識システム、追突防止システムによるアクティブセーフティー機能です。
時速40km未満なら、突然の歩行者の飛び出しや、前車の急ブレーキに、車が対応し、衝突を回避するシステムです。

しかし、それ以上に、車としての性能が格段に向上していることを感じました。
まずドアを閉めるときに感じる剛性感は、相当にいいものでした。

走りだしてみると、車の剛性感は、メルセデスCクラスと同等かそれ以上、パワーはC200よりは上でした。
室内も結構広く、快適でした。
一応、BMW5シリーズ、メルセデスEクラスと同等という車格は納得出来るものでした。
b0071543_20312582.jpg


最近試乗した中では(BMW3ツーリング、5ツーリング、メルセデスCクラスワゴン)奥さん的には最も好感触だったようです・・・どうするんだろう?
[PR]
by fuminoske | 2011-07-24 20:33 | other cars | Trackback | Comments(6)
ますます加速するFSWの間借り人
今朝も行ってきました。

話には聞いていましたが、友人のM3CSL、更に進化していました。
b0071543_9154258.jpg


フェンダーがカーボン化されて、更にローダウン、キャンバー角もしっかりハの字・・・
b0071543_9163797.jpg


19インチだと、指一本はいらない・・・
b0071543_9172465.jpg


富士スピードウェイで2分切りは目前?のようです。
自分の経験上、ストレスが多いときに車をあれこれいじりたくなるので、相当ストレスが溜まってる?

一般道の通常走行を犠牲にして、富士でのタイムを狙う・・・通勤に使っていない車だからこそですね(笑)
次は20インチに逝っちゃってください!
b0071543_9255115.jpg

[PR]
by fuminoske | 2011-03-06 09:25 | other cars | Trackback | Comments(10)