夏への扉~フェルディナントに~
fuminoske.exblog.jp

987Boxster Sから991Carrera4に乗り継ぎ・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
白カメレオンさん、おめで..
by fuminoske at 08:32
明けましておめでとうござ..
by siro-chameleon at 23:05
宙也さん、こんばんは! ..
by fuminoske at 19:27
鍵コメさま、コメントあり..
by fuminoske at 08:16
おやっ、宙也さんもapp..
by fuminoske at 18:32
shiro-chamel..
by fuminoske at 18:31
こんにちは。 iP..
by siro-chameleon at 12:42
宙也さん、こんばんは。 ..
by fuminoske at 20:03
986さん、情報ありがと..
by fuminoske at 08:03
日本で作るから右のみだそ..
by 通りすがりの986 at 21:12
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
カテゴリ
ブログパーツ
ライフログ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
医療用ヒルという生き物
僕の専門分野のひとつが、「切断指の再接着手術replantation of finger」です。
切断された指を元に戻す技術・・・現在、整形外科の中の「手外科」を専門とする医師と、形成外科医の一部が行っています。
骨を接合し、腱を縫合し、動脈・静脈を吻合し、神経を縫合します。
血管と神経は、直径1mm程度ですので、顕微鏡で拡大して、10-0ナイロン糸という肉眼では見えない直径100μmの糸で縫合します。
指一本つなぐのに、状態がよければ2時間くらい、手首あたりだと5〜10時間くらいかかります。
包丁などの鋭い刃物で切断され、切断指の保存状態が良く、受傷から手術まで8時間以内のゴールデンタイム内であれば、生着率は90%以上です。

この分野は、世界的に見ても日本のお家芸で、世界初の再接着手術は、奈良県立医大の玉井先生が1960年代に先駆けています。日本人の器用さと真面目さのおかげで、日本中のどこで切断しても安定した再接着率が得られています。世界中で、最も血管吻合が上手いと言われているのが、僕の心の師匠の福井県の開業医である吉村光夫先生です。この先生の手術は、ある意味芸術です。ぼくの医者人生の中で、手術にみとれてしまい、時を忘れた、最初で最後の経験でした。

しかしながら、切断指・切断肢の多くは労災事故で、ベルトコンベアーに巻き込まれた、とか、ワイヤーが巻きついてちぎれたとか、ローラーに巻き込まれたとか、プレス機に挟まれた、などの、クリアーでない切断です。これらの状態の悪い切断指では、手術を行ってもつく可能性が低いため、熟練した医師になるほど、最初から手術を行わなくなります。

ただ心情的にも、なんとかつないであげて、手指を残してあげたいのですが、なかなかうまくはいきません。

つないだ動脈に血栓ができて血行が悪くなると、青白くなり、その後黒くなって干からびたようになります。
動脈に血流があっても、静脈から血が還ってこれない場合は、赤紫色になる還流障害がおきてむくんできます。

還流障害が起きたときに藁にもすがる思いで使うのが、「医療用蛭medical leeches」です。

b0071543_21551155.jpg


これを、うっ血した指の先端に付けて、悪い血を吸わせます。
だいたい30分〜1時間くらいで、お腹いっぱいに血を吸ったヒルは満腹になりポトリと落ちます。



ヒルは、ヒルディンという、ヘパリン様抗凝固物質を分泌することによって、血行を改善する作用もあります。
ただ、医療用ヒルというだけあって、そこらのヒルを捕まえてきて使うわけにはいきませんw
感染の危険があるため、医療用のヒルは無菌状態で特別に育てられたものを使用しています。

日本では、保険適応がないため、医療用ヒル、1匹3000円は、病院の持ち出しです。
海外では、鬱血の治療や肩こりの治療にも使われているらしいですw
古来から、ヒルで瀉血したりとか、悪い血?を吸わせたりのような治療に使われてきたそうです。
[PR]
by fuminoske | 2011-12-24 20:35 | medical | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://fuminoske.exblog.jp/tb/17443038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by M氏 at 2011-12-25 10:39 x
僕も使用経験ありませんが、興味深い話です。僕らの領域も血流障害を改善することを主としてやっていますが、血管も心臓も虚血よりうっ血を改善することの方が難しいことがあります。そして僕らには積極的治療介入できないこともあります。体内にはまず使わないと思いますが、本件の治療効果の程教えて下さいまし。
Commented by fuminoske at 2011-12-25 12:10
動脈はハリがあって、縫い易いんですが、静脈はヘニャヘニャしていて縫いにくいのと、損傷程度が強いことが多くて、還流障害が問題になることが、結構あります。
その昔、血管外科の先生と上腕切断の手術を一緒にやったことがありましたが、血管の縫い方が我々手外科医と全く違うことに戸惑いましたw
Commented by fuminoske at 2011-12-25 19:51
多分、その時麻酔をかけてくれてたのがN氏だったような・・・
Commented by M氏 at 2011-12-26 08:18 x
麻酔中のN氏の股◯にもヒルを置いてきてあげてください。
Commented by fuminoske at 2011-12-26 20:04
麻酔しながら茄子を功徳魔水解ですからww